HANAオーガニックウェアルーパウダーはプレストコンパクトタイプで持ち運びに便利!専用パフ付きレフィルも

001

2月14日にHANAオーガニックのウェアルーパウダーがリニューアルしました。
以前の据え置き型から、プレストタイプのコンパクトになって、持ち運びに便利になりましたよ♪

>>ウェアルーパウダー

コンパクトの鏡が大きめなので、お化粧直しも楽々です!
また、差し替えレフィルもお安く購入できる様になり、コスパがグンと良くなっています。

使用感について、詳しく見ていきたいと思います^^

スポンサーリンク


リニューアル前後のウェアルーパウダーを比較してみました!

002
本日はリニューアルしたHANAオーガニックのフェイスパウダー、ウェアルーパウダーのレビューです!

リニューアル前は据え置きタイプの紙容器だったものが、プラスチック製のプレストコンパクト容器に変更になりました。
持ち運びに便利になったのが凄く嬉しいですよね^^

以前はパウダーをたっぷりと取る事ができたのですが、その反面、量の調整が難しく、粉の飛び散りも気になりました。
また、紙容器だったので、側面の擦れや汚れも結構目立って気になっていたんです。

プレストタイプは薄付きで、厚く塗りたい場合は重ねて調整する事ができるので、初心者にも扱いやすいです。
また、コンパクトも丈夫で耐久性があるので、長く使える点が良いですね!

専用パフは、リニューアル前の物の方がフカフカと肉厚で、指を入れる部分も大きめだったように感じます。
リニューアル後は、コンパクトに納まる様に小さめ&薄め設計ですが、チクチクする様な事はなく、表面はサラサラとしていてパウダーを取りやすいです。

003

以前の物は外箱もなく、紙容器そのままの状態で届いていましたが、今回のコンパクトはパッケージに納められて届きます。
荒木克己さんのスキャニング作品で、花柄を大胆にプリントした美しい箱は乙女心をくすぐられますね♪
60代の私の母も、今回のHANAオーガニックの外箱を見て「凄く綺麗!これは人気出そう!」と言っていたくらいですから、全世代の女性がキュンと感じてしまうデザインなのだと思います^^

ウェアルーパウダーの成分

004

リニューアル前と見た目からして全く異なるので、まるで別商品の様ですが、パウダー自体の成分は変わっていません

ウェアルーパウダーのメリットは、天然ミネラルをアミノ酸などの植物由来成分でナチュラルコーティングしている点にあります。
ミネラルが肌に直接触れない上、石油由来成分(タール色素、合成ポリマー、合成保存料、合成香料)やナノ化原料も不使用なので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

また仕上がりも、赤みと青みの2つのミネラルパウダーが光をコントロールし、透明感ある肌に導いてくれます。
天然成分100%なので、石けんや洗顔料でオフする事ができますよ。

全成分
タルク、ラウロイルリシン、シリカ、ホホバ種子油、コメ粉、トリイソステアリン酸ポリグリセリルー2、クリスマムマリチマムエキス、加水分解コメヌカエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、水、プロパンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、マイカ、
酸化チタン、酸化鉄、ラウロイルグルタミン酸Na、リシン、塩化Mg

ウェアルーパウダーのコンパクト容器について

005

このコンパクト、丸い形に大きめの鏡が付いていて、まるでアニメに出てくる魔法のコンパクトの様で個人的に大好きです(笑)お化粧直しも楽にできますよ!

また、蓋もパチンと音を立ててしっかり閉まります。
ただ、蓋は本体部分の爪のみで固定されているようで、何回も開閉してこのプラスチックの爪が摩耗した場合、どうなるのかちょっと心配です。

プレストパウダーの上には透明フィルムが乗っているので、こちらは捨てずに、パフとパウダーの間に常に挟んでおいた方が、パフにパウダーが付き過ぎず綺麗に保てますよ。

プレストパウダーをよく見ると、ピンク色の偏光ラメがチラチラと輝いていて可愛いです♪

ウェアルーパウダーの専用パフについて

006

専用パフはコンパクトに納まる様、薄く小さい設計ながら、毛並みは柔らかく、肌に乗せても刺激はありません。
パフのリボンには、人差し指と中指2本が入りました。

パウダーを取ってみると、何故か上下左右に良く付いて、中心部分が付きづらいんですよね、私の指の入れ方の問題でしょうか・・・?
むしろ小鼻の脇や目尻に塗りやすいので、これで大丈夫なんですが、パフにより満遍なく付くと顔全体に素早く塗れるので、もっと良いんですけどね・・・。

全体的に綺麗に乗せたい場合は、手持ちのフェイスブラシにパウダーを取り、大きくササッと塗ると素早く仕上がりますよ!

ウェアルーパウダーの使い方

007
それでは、さっそくウェアルーパウダーを使ってみました!
使い方は以下の様に紹介されています。

  1. 適量をパフにのせ、なじませます。
  2. ベースメイクで仕上げた肌に優しくのせてゆきます。

プレスト型ウェアルーパウダーを使ってみた感想

009

実際に塗ってみると、リニューアル前の物より薄付きで、ナチュラルな印象です。
外出先での化粧直しだったら、この専用パフで充分綺麗に仕上がりますね。

もう少ししっかり塗りたい場合は、重ねて塗るか、フェイスブラシの使用がオススメです。

写真では、ウェアルーUVの上にウェアルーパウダーを塗っていますが、適度に密着感があり、表面はサラサラしていて、肌がきめ細かく見えます。
乾燥する事もなく、適度にテカリや皮脂を抑えてくれて、日中快適に過ごせました^^

ウェアルーパウダーの専用パフ付きレフィルで賢く節約

010

ウェアルーUVは、コスパの面でも改善されています。

リニューアル前は税抜3000円だったので、200円値上がりしましたが、その分コンパクトが豪華になって内容量が2g多くなりました。

また、今回は別売りのレフィルが用意されているんです。
レフィルは専用パフ付きで税抜2200円なので、無くなったら以前の様に本体ごと買い直す必要がなくなり、総合的にかなりお得になった様に感じます。

季節の変わり目に肌がセンシティブになる方に、特にオススメのフェイスパウダー。
リニューアルしたウェアルーパウダーが気になる方は、以下の公式通販サイトで詳細をご確認くださいね♪

>>ウェアルーパウダー

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ