辺見えみりさん愛飲!五行茶(Five Elements)オリエンタルハーブティーで和漢植物の力を体感

009

今回は、オリエンタルハーブティー「五行茶」を飲んでみました。
中国古来の思想「五行」の考え方が取り入れられているお茶で、体質や体調に合わせて木・火・土・金・水の5種類のフレーバーから選ぶ事ができます。

>>五行茶(Five Elements)オリエンタルハーブティー

オリエンタルハーブをベースに、ヨーロピアンハーブもミックスされていて、すっきりとした飲みやすい味に仕上がっています。
今日は「五行茶」の味や香りについて、詳しくレビューしたいと思います^^

スポンサーリンク


体調・体質・心理状態に合わせて5つのフレーバーから選択可能!

002

今回私が試してみたフレーバーは「五行茶 水[sui] 」になります。
ルイボスがベースになっていて、むくみやアンチエイジングが気になる方にオススメのお茶です。
抗酸化作用(SOD様酵素)により、活性酸素を除去してくれるんですね。
足腰のだるさや体の疲れ、抜け毛や白髪など、加齢に伴う悩みの他、アレルギー体質の方にも最適です。

全成分
ルイボス、凍頂烏龍茶、ビワの葉、熊笹、スギナ、ヨモギ、クコ葉

○ルイボス:抗酸化、アレルギー、美肌効果。高品質のルイボスを使用。香り・風味が際立ちます。
○凍頂烏龍茶:利尿作用があるので、身体の新陳代謝を活発に。ほのかな甘みと花のような香りが特徴の烏龍茶
○ビワの葉:不調和を整え、自分の力を高める
○スギ:泌尿器系・利尿などに効果的
○ヨモギ:健胃・整腸・老化防止・冷え性改善など、豊富な効果

その他にも体調・体質・心理状態に合わせて、様々な悩みに対応したフレーバーがあり、乱れがちな心と身体にエネルギーを与え、安らぎを与えてくれます。

  • 木[moku]・・・ストレスやイライラを感じる方、目が疲れやすい方(ハトムギ、クコ葉、ヨモギ、菊花、カモミール、ペパーミント、ジャスミンフラワー)
  • 火[ka]・・・睡眠不足の方(凍頂烏龍茶、ルイボス、ビワの葉、ローズ、ラベンダー、ナツメ、サフラワー)
  • 土[do] ・・・胃腸が弱っている方(ハトムギ、ルイボス、ナツメ、ヨモギ、熊笹、スギ、高麗人参)
  • 金[kon] ・・・肌トラブルが気になる方(ハトムギ、ビワの葉、ドクダミ、シソ、ペパーミント、シナモン、ローズ)
  • 水[sui] ・・・むくみが気になる方、アンチエイジングしたい方(ルイボス、凍頂烏龍茶、ビワの葉、熊笹、スギナ、ヨモギ、クコ葉)

実際に五行茶水[sui]を飲んでみました!

003

実際に、五行茶 水[sui] を飲んでみました、
今回はサンプル使用ですが、正規現品はティーバッグ10包入り、30包入りと、5種セットで茶葉がそのまま入っているタイプの計3タイプがあります。

004

袋を開けると、ナイロン製のティーバッグが入っています。

005

ティーバッグは三角形のピラミッド型で、お湯を注ぐと茶葉が綺麗にジャンピングしてくれる形ですね。
サイズは、普通の紅茶ティーバッグより若干大きめに感じます。

006

飲み方は、カップにティーバッグ1個と150ccのお湯を入れ、約3分ほど蒸らしてから飲みます。
では実際にやってみます^^

007

ヤカンで沸騰させたお湯を注ぐと、すぐに茶葉の色が出てきました。

ルイボスティーに近い赤褐色です。

香り高くすっきりと飲みやすい味わい!

008

お湯を注いで3分蒸らした状態がこちら。

紅茶より赤みがかっているように感じます。
普通のルイボスティーに比べると透き通っていて、濁りも無いです。

飲んでみるとルイボスティーの風味ですが、渋みやクセがなく非常に飲みやすいです。
凍頂烏龍茶が配合されているのを見て、もっと色が黒くて苦みが有るのかと思いましたが、イメージと全然違いました。
凍頂烏龍茶は、同じウーロン茶でも甘みが強く、香り高いのが特徴なんですね。

冷え性やむくみ対策の他、花粉・アレルギー性鼻炎の方にも!

001

ほのかにお花の様な香りも感じられて、凄くリラックスできます。
利尿作用のお陰か、飲んでしばらくするとトイレに行きたくなり、翌日は顔のむくみがスッキリした様に感じました。
また、アレルギー性鼻炎が楽になった様に感じられたのも嬉しかったです。
五行茶水[sui]はむくみにお悩みの方、これからの花粉対策としてもオススメですね^^

体や心の不調に働きかけてくれる、五行茶オリエンタルハーブティー
気になる方は、以下の公式通販サイトで詳細をご確認くださいね^^

>>五行茶(Five Elements)オリエンタルハーブティー

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ