ママバターボディローションで乾燥対策!妊娠線・肉割れ予防のマッサージにも!

001
寒くなって空気が乾いてくると、体のカサつきや乾燥が気になりますよね。

私も例年この時期は、肘やスネが粉吹いたりするのですが、MAMA BUTTER(ママバター) ボディローションを使い始めて2週間、今年は体の乾燥が全く気になりません

伸びの良い乳液タイプのテクスチャーで、お風呂上がりに塗ると翌日までしっとり潤いお肌をキープできています。
また、このローションでマッサージすると肉割れや、妊娠中のストレッチマーク予防にも効果的なのだとか!

使い心地について、詳しくレビューしたいと思います^^

スポンサーリンク


ナチュラルシアバター12%配合。乾燥から肌を守ってしっとり潤う!

002

ママバターシリーズは、敏感肌の方、赤ちゃんやママが毎日安心して使える様に、食べられるくらいの安全性保っています。
パラベン・鉱物油・合成香料・合成着色料も一切使用していない無添加処方です。

また、「どの家庭にも一つはあるようなナチュラル・オーガニックコスメ」をコンセプトに、高品質でありながらリーズナブルな価格帯を実現し、手軽に使い続けられるよう配慮されています。

2011年秋のブランドリニューアルでパッケージが一新されて、益々可愛くなったママバター。
忙しい子育てママや働くママに嬉しい時短アイテムが揃っています。

このボディローションもナチュラルシアバターが配合されていて、プッシュするだけでささっと全身に使えるので、忙しい女性にピッタリのアイテムです。

全成分
水、シア脂、グリセリン、スクワラン、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸PEG-55、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、トコフェロール、キサンタンガム、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

伸びの良い乳液タイプ!べたつかずサラリと馴染んで滑らか肌に!

003
実際にボディローションを手に取ってみました。
ワンプッシュでたっぷり出てきて、この量で両足のスネ全体を塗る事ができます。

「ローション」と言うと水っぽい化粧水タイプを連想しますが、シアバターが配合されているので、テクスチャーは緩めの乳液タイプです。

香りはかすかにシアバターの酸味のある匂いを感じますが、ほぼ無香
以前レビューしたハンドクリームやリップトリートメントと比べても、香りは弱めです。
ボディローションはシアバターの配合量が12%と、一番少ないからだと思います。

004

肌に伸ばしてみると始めは少し白っぽいですが、瑞々しいテクスチャーで、すぐに透明になります。
ハンドクリーム(シア配合20%)に比べて、ボディローション(シア配合12%)の方が浸透が早いです。
肌馴染みの良さやスピードも、ボディローション>リップトリートメント(シア配合15%)>ハンドクリームと、シアバターの割合に反比例するようです。

ボディローションを使用してみて2週間、秋冬とは思えない程、滑らかな肌触りです。
お風呂上がりに塗って、翌日のバスタイムまでしっとり潤いが続いているので、お仕事や子育て中で忙しい女性にもピッタリだと思います^^

お腹や太ももに塗ってマッサージ!肉割れやストレッチマーク予防にも

005
また、2〜3プッシュ多めに手に取って、太ももやお腹周りをマッサージしてみました。

緩やかな乳液タイプなので、肌を摩擦する事無く、たっぷりの水分&油分で肉割れセルライト部分を揉みほぐす事ができます
指滑りが良く、植物由来の成分で刺激が全く無いので、妊娠中もお腹に負担をかける事無くストレッチマーク予防できますよ。

また、我が家は1歳半の長女と一緒に使用していますが、香りが無いので子供にたっぷり塗っても嫌がりません。
去年は乳児湿疹に悩んだりした時期もあったのに、あの頃が嘘のように肌が綺麗です。

敏感肌の方や、お子さんと兼用するのにも最適なボディローションだと思います。

今、私が使っているのは500gのラージポンプタイプですが、140gのレギュラーチューブタイプもあります。
使用感を確かめたい方は、レギュラーから試されると良いと思います!

もちろん、秋冬にたっぷり使いたいという方は、割安なポンプタイプがオススメ!
コスパが最高に良いので惜しみなく使えて、全身しっとり滑らかボディになれますよ^^

>>>MAMA BUTTER(ママバター) ボディローション レギュラータイプ140g

>>>MAMA BUTTER(ママバター) ボディローション ポンプタイプ500g

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ