咲水スキンケアローションで肌荒れ改善!敏感肌にも使える!

001

今回は、咲水スキンケアローション(写真左)についてレビューしたいと思います。

平成24年度熊本県ものづくり大賞を受賞したという、こちらのローション。

実際に咲水スキンケアジェルの前に使用してみると、潤いが強化されて、この2ステップで秋冬も乗り切れそうな保湿力でした。

咲水スキンケアローションの感想について、詳しく書きたいと思います^^

スポンサーリンク


002

咲水スキンケアローションは1本150mlで約2ヶ月分。

プラスチックのボトルで、旅行先やジムなど、このままでも持ち運びできそうな大きさです。

水前寺海苔の保湿成分サクラン(スイゼンジノリ多糖体)と、阿蘇の天然水を使用した、敏感肌でも使用できる肌に優しい化粧水です。

サクラン(スイゼンジノリ多糖体)ヒアルロン酸の約5倍の保水力を持つ成分で、日本テレビ番組「未来シアター」でその成分が紹介されると、メーカーに受注が殺到したそうです。

羽鳥慎一アナ、小山慶一郎さん(NEWS)、加藤シゲアキさん(NEWS)が担当する番組、日本テレビ「未来シアター」
OA内容(日本テレビ「未来シアター」公式サイト)
http://www.ntv.co.jp/mirai-theater/20131018.html

全成分

水、ベタイン、ペンチレングリコール、プロパンジオール、スイゼンジノリ多糖体、アルギン酸Na、トウモロコシグリコーゲン、クエン酸

003

使い方は、軽く容器を振ってから、手の平またはコットンに500円玉大を取り、肌に押し込める様になじませます。

潤いが足りない場合は2~3度重ねづけし、お手持ちにクリームやオイルで保湿します。

咲水シリーズでローション使用する場合は、以下の順番で使用します。

  1. 咲水スキンケア洗顔料
  2. 咲水スキンケアローション
  3. 咲水スキンケアマスク
  4. 咲水スキンケアジェル

手に取ってみると、ローション自体は透明で、トロミのあるテクスチャー。

香りも、かすかに原材料の匂いはしますが、ほぼ無香。

実際に使ってみると、肌にしっとり浸透して保湿力抜群。べたつきはありません。

刺激が全くないので、敏感肌の方やアトピーの方も安心して使用できるのではないでしょうか。

無着色・無香料・アルコール・パラベン・フェノキシエタノール無添加処方になっています。

咲水スキンケアジェルは肌に膜が覆われるような感覚で、保水力は凄かったですが、浸透と言う点で物足りなさを感じたので、

こちらのローションを併用する事で、保湿力と保水力の両方を強化できる点が良いと思いました

004

今日も秋晴れで雲一つない良いお天気でした^^

夏の湿気は何処へやら、いつの間にか湿度が40%を下回っている日が出てきているんですよね。

朝、目が覚めると、空気が乾燥していて喉がカラカラになっているのを感じます。

本格的に乾燥が始まる前に、保湿力の高い化粧水で肌の秋冬支度を始めたいですよね。

咲水シリーズは、そんな秋冬の乾燥や外部刺激から肌を守り、バリア機能を強化してくれる優秀コスメだと感じました^^

>>咲水スキンケアローション

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ