トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xとフラッシュ脱毛・他社脱毛器との違いについて

トリアパーソナルレーザー脱毛器001

世界で唯一の家庭用レーザー脱毛器、トリアパーソナルレーザー脱毛器4X
11月4日から公式通販サイトで、限定色ピンク(写真上)が販売開始されました。
私も現在、鼻下の脱毛などに活用しています^^

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器

また、トリアビューティジャパンの担当、水谷さんから直接お話を伺う機会があり、商品についてより理解を深める事ができました。
今回はトリアブランドの紹介や、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い、他社から出ている脱毛器との違い等について、詳しくお伝えしたいと思います^^

スポンサーリンク

「トリア」ブランドの紹介

トリアパーソナルレーザー脱毛器002

トリアは、全世界複数カ国で展開する脱毛器&美顔器ブランド。
プロフェッショナルの技術を自宅で簡単に再現できるとあって、多くの方に支持されています。

近年美容業界では、美容液やクリームより、光美容のジャンルが広がりを見せており、医療現場「皮膚科」「美容外科」で使われる、根本的な効果が見込める技術に注目が集まっています。

トリアの歴史

トリアは、2003年設立されたアメリカのメーカーです。
元々はプロフェッショナル向けのレーザー脱毛器を開発していました。
業務用の物はライトシェアと呼ばれるもので、全世界シェア8割を占めています。
それを開発した人が「家庭用サイズ出したら人気が出るかも!」と開発したのが始まりです。

クリニックの脱毛は医療脱毛の照射器が採用されており、医療脱毛するとトリアの医療バージョンを使われているのが現状です。
日本でも家庭用脱毛器として、はじめはアイエピの名前で販売されました。
その後、2010年にフラクショナルレーザーとしてリニューアル発売されています。

トリアの発売国

2015年10月1日に、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの限定ピンクが東急ハンズ・ハンズビーで先行発売されました。
またWEB上では、11月4日から発売されています。
カラーが違うだけで、中身や仕様は既存のトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xと全く同じ物です。

欧米だとセフォラ(日本で言うとプラザみたいなお店)で取り扱いがあります。
日本では、諸外国と「薬事法」が異なるため、詳細なデータを掲載できないのですが、セフォラのサイト行くと、かなり参考になるデータがあります。
英語が読めるようでしたら、是非サイトのデータも参考にしてみてくださいね。

また、韓国のロッテ百貨店には店頭カウンターもあります。
よく「トリアって韓国のメーカーですか?」と聞かれることがありますが・・・。
公式サイトで韓国のモデルの方を使っていたため、そのような誤解をしている方が多くいます。
実際はアメリカのメーカーなんですよ。

アジアでは、韓国と日本で発売をしています。
その他、カナダ、アメリカなどで広く展開しています。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

トリアパーソナルレーザー脱毛器004

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xは、本格的なレーザー脱毛を安全に家庭で手軽に使える点が特徴です。

医療用(ライトシェア)と作った人が同じで、開発者がライセンスを複数持っています。
レーザー脱毛器を作れるのは、このライセンスを持っている人だけなんです。
現状、レーザー脱毛を受けるためには、クリニックに行くか、トリアを買うかのどちらかした選択肢はありません

エステなど、お医者さんがいないサロンでレーザーは使われていません。
レーザーは医者の資格がないと他人に当ててその分のお金を取っては行けない決まりになっているからです。
実演で他人に当てる分には大丈夫ですが、ここでお金を50円取る、となったら医師法にひっかかる事になります。

エステだと、レーザー施術はできないので、「フラッシュ脱毛」が使われています。
これは、レーザーかレーザーでないかの違いです。
トリアはダイオードーレーザーを家で出来る、唯一の家庭用脱毛器なので、熱量が断トツでMAXの値を誇っています。
20ジュールと高温で、効果が実感し易いのが特徴なんです。

脱毛に通うとなると、以下の2種類を検討されると思います。

  • 病院に行く・・・医師がいるところ(レーザー)
  • 脱毛サロンに行く・・・医師のいないところ(フラッシュ)

しかし、上記は効果が全く違う物なんです。

  • レーザーは永久脱毛(複数通った後、通うのを辞めても毛根が復活しない)
  • フラッシュは永久脱毛ではない(脱毛の効果はあるが、ツルツルになったなと通うのをやめてしまうと、また毛根が復活してしまう)

※フラッシュ脱毛が永久脱毛でない旨は、エステの広告文の中にも小さな文字で掲載されています。
※医療脱毛で「医師が永久脱毛と言っていなかったよ?」と話をされている方がいますが、色素の薄い産毛が全て根絶できる訳ではないため、あえて永久脱毛と唄わない医療機関もあります。

レーザーとフラッシュでは、必要な照射回数も全く違います。
病院での医療レーザーだと、月一で通って5〜6回で終わり、毛が薄いと4回で終わる事もあります。

エステフラッシュは2〜3ヶ月に1回通い、継続回数は12〜18回程通って剃らなくても良くなるレベルです。
お店の使っているマシンにもよりますが、もし12回で終わるとして2ヶ月に一回で約2年。
頑張って3年通っている方が大半です。
そのため、途中で辞めてしまう人も多いのが現状です。
3年通って20〜30万ほどかかり、また毛が生えてくる可能性もあるのです!

トリアはレーザーを採用する唯一の家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、ほとんどの商品がフラッシュ脱毛式を採用しているのが現状です。
トリアだけが特許を持っているため、唯一レーザー脱毛を採用できるのです。

毛根の毛母細胞は熱に弱いため、エステに行っても、脱毛器を使っても、メカニズムとしては毛根を温める事になります。
毛が抜けている状態でも、生えている状態でも毛母細胞はあり、2〜3週間でくりかえし生えてきます。

熱や光は黒に集まる習性があり、レーザーを照射すると、毛根の黒に反応して温めます。
この時にピリっと痛い刺激があります。
痛いというより、熱いといった感じですが、冷やすと刺激が和らぎます。
ここで声を大にして言いたいのですが、「痛くない脱毛はありえない」という点です。

脱毛器やエステで「痛くない」というクチコミをよく見かけますが、刺激が全く無い脱毛はありえません。
痛くないと唄っているエステは、(脱毛の事良く分かっている人からすれば)効かない!と堂々と言っている様な物です。
痛くなければ基本的には効かないんだということを認識していただきたいです。
※もちろん、ショックに耐えられない程の刺激を無理にやる必要はありません。

毛の周期はひとつひとつ違うので、レーザーを照射すると、2〜3週間かけて抜け落ちていきます。
レーザーで温めた毛根は弱っており、何度か当てているうちに生えなくなっていきます。

フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛の方が肌に優しい!

また、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xは、冷却ジェルを必要としません。
素肌に直接当てるだけで良いんです。
この時、ムダ毛を剃った状態で当てます。(これはサロンでも医療でも同じです。)
レーザーが毛に集中して照射するため、冷却ジェルはいりません。

フラッシュ脱毛を採用しているエステや脱毛器で、冷却ジェルが必要なのは、緩衝剤が必要だからです。
脱毛に関係ない光も含まれているから、当てない方が良い光も当たっている可能性があります。
ジェルの座布団を敷いてからから当てることで、肌への負担を減らそうとしているのです。
緩衝剤が必要な程、肌に良くないという事なんです。

トリアはレーザー脱毛に必要な光だけを当てるので肌に優しいんです。
よくエステで、「痛くないから肌に優しい」と唄っているCMなどを見かけますが、痛みと肌への優しさは関係ありません

他社が出している脱毛器の種類と違い

サーミコン式

TVショッピングで放送していたり、芸能人を起用していたり、一番知名度があるのがノーノーヘアです。
ただ、ノーノーヘアはサーミコン式と呼ばれ、実際は熱線で剃っているだけ、というのが実情です。

「脱毛器」と唄っているのは日本だけなんです。
日本では、毛がなくなれば脱毛器と唄って良いことになっているためです。
日本の法律はかなりざっくりしており、脱毛器のジャンルは雑貨に分類されています。

他国では、サーミコン式をはじめ熱で毛を焼き切るタイプの物は「シェーバー(除毛器)」として分類されます。
サーミコン式のメリットは、普通のシェーバに比べて毛先が尖らない点です。
逆にデメリットは、ムダ毛がまた生えてくる、という点です。

フラッシュ脱毛器

脱毛器にはトリアの様なレーザー光ではなく、フラッシュ光を採用している物がほとんどです。
フラッシュ光は、エステも脱毛器も同じで、回数が沢山かかる点が特徴です。
商品によって照射レベルが選べる物も多いですが、おしなべてトリアの2〜3倍の回数が必要になってきます。

更に、フラッシュ光は永久脱毛ではありません
またムダ毛が生えてきたり、復活してしまう確立が高いんです。
フラッシュには、脱毛とは関係ない光(肌に当てない方が良い光)も混じっています。

よくフラッシュ脱毛器で、家庭用フォトフェイシャルもできる機械がありますよね。
美顔も脱毛も両方できると聞くと、メリットだらけだと感じますが、810の光が脱毛、600の光がフォトフェイシャル(キメを整えたり、透明感をだす)と決まっています。
確かにどちらの光も出ていますが、どのくらいの効果があるかは未知数です。
キメが整う光も含んでいるし、肌に良くない光も含んでいる可能性もあるので、非常に中途半端なんです。

レーザー脱毛器

トリアには、脱毛器と美顔器の2種類が用意されています。
美顔器と脱毛で迷っている方には「本当にやりたいのはどちらですか?」と確認するようにしています。
そして、脱毛希望の人には、美顔には触れないようにしています。

的確な数値の光を照射する事が、効果につながり、かつ安全と考えるからです。

トリアレーザーは、810の光だけを確実に照射するので、脱毛効果が数段違います。
また、毛根への効率も良く、2週間に一回で3ヶ月計6回でほとんど剃らなくて済むようになります。

限定色ピンク好評発売中!公式通販サイトで収納バニティポーチもプレゼント!

トリアパーソナルレーザー脱毛器001

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの限定ピンクは、現在トリア公式通販サイトにて取り扱いが開始されています。
2015年秋冬のパントンカラー、カシミアローズが採用されていて、日本人好みの可愛いカラーに仕上がっていますよ^^

また、トリア公式通販サイトで購入すると、オリジナルの収納バニティポーチもプレゼントで付いてくるんです!
気になる方は、以下の公式通販サイトで詳細をご確認くださいね^^

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器

最後まで読んでくださってありがとうございます。
貴方のお肌と心が益々美しく輝きますように!

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ