トリアパーソナルレーザー脱毛器4X限定ピンク発表!プレシジョンとの違いについても

001

レーザーを使った唯一の家庭用脱毛器、トリアパーソナルレーザー脱毛器4X。
限定色ピンクが、11月4日から公式通販サイトで販売開始されます。

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器

既に10月1日より一部東急ハンズやハンズビーで先行発売されていますが、WEB通販が開始される事で、より手に入れやすくなりますね^^
日本人好みの淡いピンクで、使う度に気分が上がりますよ!

今回は限定色ピンクの概要や、プレシジョンとの違いなどについてお伝えしたいと思います^^

スポンサーリンク


トリアパーソナルレーザー脱毛器4X限定ピンクの特徴

002

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xは、医療レーザーを家庭用に改良した唯一の脱毛器。
鼻から下の全身に使えます^^
また、使い易さを追求した、オシャレなデザインも魅力。

限定色ピンクは、2015年秋冬の流行色として指定されたパントンカラーのカシミアローズが採用されています。
以前、WEBやプラザなどで限定カラー「ピオニー」が販売されていましたが、こちらは濃い目のアメリカンなピンクでした。
今回は日本人好みの淡い色味で、使うたびに女子力を上げてくれそうなカラーに仕上がっています!

従来のグリーン、ラベンダー、フューシャーピンクではなく、レアなカラーを手に入れたい!という方にオススメです^^
ちなみに、中身や機能は通常の4Xと変わりません。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンとの違い

003

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの購入を検討する際に、迷うのがプレシジョン(写真左)との違いではないでしょうか。
プレシジョンは4Xの簡易版ですが、照射されるレーザーの種類は同じ。
4Xは54,800円するところ、プレシジョンは36,800円と、一見プレシジョンの方がお得に感じますよね!?

大きな違いは、充電池の持ち液晶画面の有無照射スピードの速さ、この3点です。

充電池の持ち

004

4Xのバッテリー量に対して、プレシジョンは半分の充電量です。
プレシジョンを4Xと同じように使っていると、先に充電が切れてしまいます。

どちらも2時間半でフル充電になりますが、どのレベルで何発照射したかで電池の消耗が違ってきます。
一番強い照射レベルなら、4Xだと両足付け根から足先まで全てできるくらいです。(時間で30分かからない程度)

プレシジョンはバッテリーが半分なので、片足だけできる、といった具合です。
両足をやろうとすると、途中で充電が切れてしまいます。

液晶画面の有無

また、4Xは液晶パネルがあるため、照射回数や電池残量が見えます。
プレシジョンは液晶画面がないため、電池が無くなると、突然スッと動かなくなる感じです。

照射スピードの速さ

バッテリー容量が多い分、4Xのほうがマシンとしての処理速度が速い事も挙げられます。
照射の貯め時間が早く、直ぐにレーザーを当てる事ができます。最強レベルだと少しゆっくりです。

プレシジョンは通常の使用でもちょっとゆっくり目で、最強レベルだとかなりゆっくりになります。
広範囲だとイライラしてしまうかもしれません。

プレシジョンはエステやクリニックに既に通っていて、残りをやりたい方、細かい部位をやりたい方に向いています。
Vラインだけ、脇だけ、男性の髭など、ピンポイント使いにオススメです。

逆に、まだ一度も脱毛したことがない方、広範囲に使いたい方は、4Xが向いていますね^^

限定色ピンクは11月4日公式通販サイトで発売開始!収納バニティポーチも付属

005

限定色のピンクは、10月1日から既に東急ハンズとハンズビーで独占先行発売開始されています。
また、11月4日からは公式通販サイトでも発売開始になります!

WEBで購入すると、ピンク色の収納バニティポーチがプレゼントで付いてくるので、非常にお得^^
また、使ってみて万が一肌に合わなかった場合、30日以内であれば全額返金が可能なので、安心して試すことができますね。

気になる方は、以下の公式通販サイトで詳細をご確認くださいね。

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ