日本産海外産の違いは?国産オーガニックコスメの魅力とポイント4つ

cleansing

国産と海外産のオーガニックコスメの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。

海外のオーガニックコスメは非常に優秀ですが、実際に日本人が使ってみるとハードな使用感に「ホントにオーガニック?」と驚いてしまうかもしれません。

国産と海外産のオーガニックコスメの魅力やポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク


海外オーガニックコスメは厳しい審査基準が設けられているから安心

実は海外オーガニックコスメは厳しい審査基準が設けられているので高品質で安全だと言えます。特にヨーロッパではオーガニックコスメの基準が厳しいので徹底した品質管理のモトで作られたコスメは高品質です。

また日本よりも海外のほうがハーブの知識や技術が高いので、海外オーガニックコスメはクオリティが高いのをおわかりいただけるでしょう。

ハーブの原料は海外産の場合が多い

海外はハーブの生産や消費が非常にさかんで、日本でも知られているアロマテラピーやバッチフラワーメレディなどを医療の現場でも当たり前のように使用しています。日本で手に入るエッセンシャルオイルやメレディもほぼ海外産で栽培や製造方法など個々にこだわりをもって作られていますよ。

しかしそこで問題になるのが、海外生産・出荷されているハーブは日本人に合うかどうかということです。
海外で栽培されているうえ生産されている海外オーガニックコスメは日本人に合うのでしょうか。

国産オーガニックコスメは日本人の肌に合う

ズバリ!国産オーガニックコスメの魅力は日本人の体質・肌質に合わせて作られていることです。たとえば黒人の肌が黒いのは赤道近辺の日差しが強い地域に住んでいて、紫外線からからだを守るためです。

もし赤道近辺に日本人や白人が住んでしまったのなら多大な紫外線のダメージを受けて、シミや皮膚がんなどからだに悪影響を及ぼすリスクが増えてしまいます。逆に黒人が日本の美白美容液を使ってもまったく無意味なことはおわかりいただけるでしょう。

このようにその土地でできたものはその土地に住む人間に合わせてつくられています。国産オーガニックコスメも日本人の体質や土地の気候などに合わせて作られているので効果的に使えるでしょう。

日本産は使いやすい・続けやすい

同じハーブを使っているオーガニック化粧品でも日本産と海外産では使用感や成分などが違ってきます。海外産のものはツーンとしたようなアルコール臭がしたり、揮発性が高かったり、香りが強かったりするものも多く、日本人が使うと肌への刺激を強く感じてしまう場合があります。

その点国産オーガニックコスメは無香料で防腐剤などもほとんど使っていないものも多く、やさしくマイルドな使い心地が特徴で日本人にぴったりといえるでしょう。そのうえでハーブや香りを上手に活かしているのでストレスなく使えます。

特に敏感肌やゆらぎ肌は自分に合う化粧品が限られてくるので、まずは自分で試して合ったものを使うのが正解ですよ。

いかがでしたでしょうか?敏感肌やゆらぎ肌に最適な国産オーガニックコスメは、以下のランキングの記事をご参照くださいね。

>>敏感肌やゆらぎ肌対策に!国産オーガニックコスメトライアルセットおすすめランキング

 

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ