ちりめんジワの原因と3つの対策方法

shiwa

ちりめんジワの原因は主に乾燥です。

小ジワを改善するためにはうるおいを落としすぎないようにスキンケアを行いましょう。
また紫外線対策も重要なので日常的に行うことが大切です。
さらに、デリケートなところはアイクリームを使えばより効果的ですよ。

ちりめんジワはスキンケアをしっかり行えば必ず改善できます。
それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


ちりめんジワの原因は?

細かいシワや小ジワを別名「ちりめんジワ」と言い、主に肌の乾燥によって引き起こされてしまいます。肌表面の角質は乾燥してしまうと弾力がなくなって硬くなっていまいます。すると柔軟性が失われ跡がつきやすくなってしまい小ジワとなって現れてしまいます。

肌は外側から表皮層、真皮層、皮下組織の3層構造になって、ちりめんジワが現れるところは表皮層の一番外側にある角質層です。角質層はスキンケアで手が届く範囲なので化粧水や美容液をしっかり浸透させれば、小ジワを改善させられますよ。

しかし放置してしまうと深いシワの原因になってしまうので、早い段階でケアすることが大切です。十分に保湿してシワの進行を防ぎながらちりめんジワを目立たなくするケアをしていきましょう。

ちりめんジワ3つの対策方法

過剰なクレンジングや洗顔はちりめんじわの原因に。やさしくが鉄則

「ちりめんジワの原因は乾燥」ならばまず気をつけたいのがクレンジングや洗顔です。「与えるケア」よりも「落としすぎないケア」を重視すると効果的ですよ。洗いすぎ・落としすぎは肌が乾燥する一番の原因になってしまうので注意しましょう。

クレンジングは保湿しながら落とせるクリームやミルクタイプがおすすめです。洗顔料も保湿しながら洗えるものを選びましょう。もし乾燥がひどい方はクレンジングとぬるま湯洗顔のみにするとうるおいを守りながら洗えますよ。しっとりもちもちに仕上がってちりめんじわも薄くなりました!

特に重視すべきはすすぎのお湯の温度です。熱すぎてしまうと肌の乾燥を招きかねません。ベストなのは皮脂が溶けだす30℃から32℃とされています。しかし個々に肌質が違うので30℃前後を基準にして自分にぴったりな温度ですすぎましょう。

紫外線対策で防ごう

ちりめんジワの原因のひとつに紫外線があります。紫外線は真皮層にある線維芽細胞を攻撃してコラーゲンやエラスチンを破壊して肌のハリを失わせて小じわを作ってしまいます。対策をしないで放置するとやがて深いシワになってたるみを招き取り返しがつかなくなってしまいます。

防ぐためには日常的な紫外線対策が重要です。日常的に日焼け止めを使って防ぎましょう。毎日強い処方の日焼け止めを使ってしまうと肌が乾燥してしまうので、普段使うのならやさしい処方のものを使うのがおすすめですよ。使い分けると肌へのダメージを最小限に抑えられて効果的にブロック、ちりめんじわ対策になります。

アイクリームを使おう

特にちりめんジワができやすいところは皮膚が薄く油分が少ない目元でしょう。小じわケアするためには基礎化粧品でたっぷり水分や栄養を補ったあとにアイクリームを使います。すると肌がうるおいを保った状態をキープでき、目元にハリが戻りますよ。

アイクリームは保湿効果が非常に高く効果的な成分も含まれているのでちりめんジワのケアに有効です。たとえばボトックスに似た働きをするシンエイクや表皮に働くEGF、真皮に働くFGFは最近注目されていて保湿だけでなくあらゆる美肌に非常に効果が高いです。つけた晩の翌日はちりめんジワが消えて肌が内側から元気になったように感じられましたよ。

またさまざまな大きさの分子を持っていたりナノ化されていたりするコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどは角質に浸透されやすく、保湿効果抜群な成分なので小ジワの保湿に適しており目元ケアにおすすめです。

目元の保湿に適した成分が含まれたアイクリームをしっかり使ってちりめんジワを防ぎましょう。特に効果を感じたのがEGF。すっと目元になじんでちりめんじわが消えたのには驚きました!日常的な積み重ねに肌は必ず応えてくれるので、まずは自分で試してぴったりなものを見つけましょう。

いかがでしたでしょうか?
アイクリームは、様々なメーカーから出ています。
ちりめんジワ対策に効くアイクリームは、以下のランキングをご参照くださいね。

>>ちりめんジワや目元のクマ対策に!アイクリームおすすめランキング

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ