敏感肌がオーガニックシャンプーを使ってすべき3つのケアと選び方

shampoo

敏感肌におすすめなのがオーガニックシャンプーです。

やさしさ重視なので健康な頭皮を取り戻すのに役立ちますよ。
またシャンプー選びも大切ですが、効果的に正しく使わなければ意味がありません。
特に敏感肌にとって洗いすぎ・すすぎ残しはご法度。
シャワーの温度や力加減も大切ですよ。

ここでは敏感肌のシャンプー選びとケア方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


敏感肌がオーガニックシャンプーを使ってすべき3つのケア

敏感肌は洗いすぎをやめてすすぎをしっかりと

洗いすぎは敏感肌の原因になってしまうので、たとえオーガニックシャンプーを使っていてもやめましょう。シャンプーの回数は1日1回で十分です。もしあまりにも乾燥や刺激を感じてしまうなら、洗う回数を2日に1回へ減らしましょう。皮膚科医もすすめる方法だから大丈夫ですよ。

また洗うことよりもすすぎのほうが圧倒的に重要なので、しっかりすすぎましょう。髪や頭皮に残った成分は敏感肌の大きな原因になってしまいます。頭皮を中心にいつもよりも長めにすすぐつもりで行いましょう。かゆみが改善されるだけでなくニオイもなくなって、みちがえるほど髪や頭皮の環境がよくなりますよ。

シャワーの温度は高すぎず低すぎず

シャワーの温度が高すぎてしまうと敏感肌を招いてしまうおそれがあります。通常頭皮の皮脂が肌バリアを作って頭皮を守っていますが、熱すぎる温度ですと皮脂を落としすぎてしまい乾燥を招いてしまうおそれがあります。

逆に冷たすぎると毛穴に詰まった不要な皮脂や汚れを落とすことができず、ニオイの原因になってしまいます。たとえオーガニックシャンプーを使ってもシャワーの温度が適切でなければ敏感肌を改善できません。

シャワーはおおよそ38℃くらいがベストなので目安にしましょう。ニオイもすっきり、徐々に敏感肌も改善されたことでシャワーの温度やすすぎをしっかりやることはとても重要だと感じましたよ。

指の腹を使って洗おう

シャンプーやすすぎをするときは指の腹を使って洗いましょう。髪を洗うよりも頭皮を洗うキモチで力を入れずにマッサージする要領で行います。特に敏感肌は刺激に弱いので強くゴシゴシせずにやさしくマッサージする要領で行うとベストです。

爪を立ててゴシゴシすると頭皮を傷めてしまい、敏感肌がひどくなってしまうおそれがあります。肌と同じように頭皮もやさしく洗わなければ傷んでしまい、やさしく洗った方が汚れ落ちもいいと実感していますよ。せっかくのオーガニックシャンプーも台無しになってしまうのでやさしく洗いましょう。

自分に合ったオーガニックシャンプーを選ぼう

敏感肌には正しいシャンプー方法を知ったうえで自分に合ったシャンプー剤を選びましょう。もし合わなければ刺激になってかゆみなどを引き起こしてしまうおそれがあります。かゆみや刺激を感じたらまずはオーガニックシャンプーを試してみるといいかもしれません。

天然100%の成分でオーガニックなシャンプーは低刺激なので敏感肌にはぴったりです。ハーブウォーターやローズオイル、ホホバやツバキオイルなど髪や頭皮をいたわりながら美しく導く成分が入っているので、自分に合うものを見つければ敏感肌を改善へ導けるでしょう。

オーガニックシャンプーにもいろいろなものがあるのでまずはランキングなどを利用して比較してみるといいですね。シャンプーに含まれている成分や肌へのやさしさ度や洗い上がりの質感、成分を比較してぴったりなものを試してみましょう。

いかがでしたでしょうか?
オーガニックシャンプーは、様々なメーカーから出ています。
敏感肌に効くオーガニックシャンプーは、以下のランキングをご参照くださいね。

>>敏感肌対策に!肌に優しいオーガニックシャンプー&コンディショナーおすすめランキング

 

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ