ボーダーオケイプロデュース!アーティストアイライナーカラーラインはボディーペイントにも使える

001

今回は、ファッションブランド夢展望さんから出ているコスメ、アーティストアイライナー カラーラインを使ってみました。

こちらはアートペイントアーティスト、ボーダーオケイさんがプロデュースしたボディペイントにも使用できるアイライナーです。
カラーは5色(プルメリアピンク、リッチブラック、ローズレッド、アースブルー、スウィートホワイト)があります!

>>アーティストアイライナー カラーライン

今回私は、アイライナーとして一番使いやすそうなリッチブラックを使用してみましたので、使用感をレビューしたいと思います^^

スポンサーリンク


_

スポーツ観戦やクラブ・フェスなどイベント時に最適!

002

アーティストアイライナー カラーラインはボディーペイントにも使用できる、日本発のアイライナーです。
ドラマメイクやダンスメイク、海外の展示会で高い評価を受けるボーダーオケイが監修して作られています。

カラーを複数組み合わる事で、メイクがより華やかになり、特別感を演出してくれるそう。
スポーツ観戦やクラブ・フェスなどのイベントメイクにピッタリですね^^

ボディペイントもできる日本発のアイライナー

003

色は5色あり、アクセサリー感覚で選べます。

  • プルメリアピンク
  • リッチブラック
  • ローズレッド
  • アースブルー
  • スウィートホワイト

また、インクも化粧品原料を使用していて、肌に優しい処方になっているとの事。

全成分

水、エタノール、BG、(アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸メチル)コポリマー、(アクリレーツ/オクチルアクリルアミド)コポリマー、ベヘネス‐30、(アクリレーツ/メチルスチレン/スチレン)コポリマーアンモニウム、水酸化Na、EDTA-2Na、キサンタンガム、安息香酸Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、カーボンブラック

細くコシがあって描きやすい筆先

004

筆は細く、コシがあって書きやすいです。
リキッドのインクが大量に出てしまう事もなく、適度な量が出てくれるので、まつ毛の間の埋め込みも、下まぶたのラインとしても使いやすかったです^^

008

実際にアイライナーとして使用してみました。

少しニジニジしてしまいましたが、目尻まで跳ねさせるネコ目ラインを綺麗に描く事ができました。
ただ、メイクオフしたら若干目が赤くなってしまいました。

個人的に、ボディペイントをメインに使用した方が良いのかも、と感じました。

ステンシルやデザイン画付き!ボディーペイントが簡単に描ける

005
こちらのステンシルもおまけで付いていたのですが、私が不器用なせいか、何度試してもにじんでしまって上手くマスキングできませんでしたTT
使いこなすには、予めフェイスパウダーをはたいて肌の油分を吸収しておくなど、工夫が必要だと感じました。

006

直接絵を描いてしまう方が上手く行きました^^

リッチブラックはちょっとしたタトゥー気分を味わえますね。
アイライナーをメインに使いたくて黒色を選びましたが、スィートホワイトやプルメリアピンクなど、明るい色だとアートっぽさが増しそうです。

カラフルカラーはディズニーランドハロウィン仮装など、フェイスペイントにも使えるのではないでしょうか!
イベント前にお友達と描き合えば、テンションも上がりますね^^

超時間鮮やかな発色で速乾性・耐水性もばっちり!油分の取り扱いに注意

007

そして、アートの耐水性や落ち具合について。

描いた直後の乾きは早く、多少汗を描いても落ちないので、アートの持ちは良かったです。
クレンジングもポイントメイク落としで念入りに馴染ませて、やっと落ちる様な感じでした。

ただ、油分に触れる際には注意が必要だと感じます。
特にリッチブラックは、色が落ちてしまうと洋服にも付きかねません。
フェイスパウダーをはたくなどして、対処した方が良いと思いました。

パッケージの紙にアートの参考例が沢山載っているので、これから色々と挑戦してみたいです!
これからイベントに行かれる方、ボディーペイントにも使えるアーティストアイライナーで気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか^^

>>アーティストアイライナー カラーライン

最後まで読んでくださってありがとうございます。
貴方のお肌と心が益々美しく輝きますように!

スポンサーリンク

関連記事

このページの先頭へ