シミを改善する美白ケア4つの方法

cosme

シミを改善するためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まずは抗酸化作用の高い食品でサビを取ったり、睡眠でターンオーバーを高めたりすることが大切です。
また保湿をしたり、効果の高い化粧品を使ったりするのも効果的ですよ。

では順に見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.抗酸化作用の高い食事でシミを改善しよう

そもそもシミができてしまうのは、肌が紫外線を浴びたときに発生した活性酸素の攻撃によって、細胞が酸化してしまうことにより起こってしまいます。
そこで、抗酸化作用の高い食品を積極的に摂りましょう。
細胞の酸化を防いで、シミを予防したり改善したりします。

主に野菜やくだものに多く含まれていて、バナナが抗酸化作用のトップ、続いてれんこん、茶葉、ニンニクなど。
さらにたまねぎ、ほうれんそう、にんじん、アスパラガス、しいたけ、ごぼう、もやしなどの食品に多く含まれてします。

食生活に積極的に取り入れましょう。

2.睡眠はシミを改善するためにかかせない

ぐっすり睡眠をとると、夜ターンオーバーが促されてシミを改善へ導きます。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりをさしていて、正常であればシミは自然にはがれ落ちていきます。

肌は幾層にもなっていて、新しい細胞が生まれると表面に向かって古い細胞が順に押し出されていきます。
28日かけてようやく肌表面に押し出され、アカとなってはがれ落ちます。
このように正常に行われれば、できてしまったシミは自然になくなっていきます。

しかし睡眠不足が続いてしまうとターンオーバーが乱れてしまい、新しい肌が押し出されず古い細胞がシミとなって残ってしまいます。
シミを改善するためには、毎晩ぐっすり眠ることがかかせません。

自分がよく眠れたと思う時間を見つけて、しっかり睡眠をとりましょう。

3.シミを改善するのに保湿も必要

睡眠と同じく、シミを改善するのにかかせないのが保湿です。

保湿はターンオーバーを正常に導き、シミを排出しやすくするので、しっかり保湿スキンケアに力を入れましょう。
専用の化粧水をたっぷりはたいて、乳液もしっかりつけていきます。
スキンケアアイテムをフル活用して、肌の保湿力を高めるのが大切でしょう。

また洗顔は肌の乾燥を招いてしまう大きな原因となってしまうので、ポイントを守って行いましょう。
ゴシゴシ洗顔せず、指の腹を使って泡で洗うようにします。
すすぎはぬるま湯を使い、たっぷりとすすぎましょう。
お湯は肌に必要な皮脂を奪ってしまい乾燥を招くので、絶対にやめてください。

4.シミにはハイドロキノンやアルブチン化粧品がおすすめ

加齢や不規則な生活習慣によってターンオーバーが乱れてくると、どうしてもシミが残ってしまいます。
そこでシミの改善に有効なのがハイドロキノンとアルブチンです。

ハイドロキノンは、強い漂白作用があって今あるシミに効果的です。
アルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖を結合して作ったものでシミができないように予防します。

ハイドロキノンには強い漂白作用があり、シミのモトを作り出す酵素に働きかけてシミをなくします。
アルブチンは厚生労働省認可されており、ハイドロキノンの漂白作用を残しながら安全性の高い新成分として注目されています。

クリニックでも処方されるほど効果の高い、ハイドロキノンやアルブチンは化粧品にも含まれています。
シミの改善に非常に有効なので、含まれている化粧品をぜひ活用しましょう。

4つの方法でシミを改善しましょう

内側からのシミケアは、抗酸化作用の高い食事や睡眠が重要です。
それに加えて保湿作用の高いスキンケア、とハイドロキノンやアルブチンなどの美白成分を使えば、内外からシミケアができます。
まずは自分にあった化粧品を選ぶのが大切でしょう。

特に化粧品選びは自分に合ったものを使うのが大切です。
高いシミ効果を持つものでも、自分に合ったものでなければ意味がありません。
同じ美白化粧品でも個々の肌質で効果が出るもの・出ないもの、刺激を感じるもの・感じないものがあるので、まずは特徴を把握し試してから選ぶことをおすすめします。

シミ対策に最適な美白スキンケアトライアルセットをご紹介!ランキングは以下をご参照くださいね。

>>シミ対策に!美白スキンケアトライアルセットおすすめランキング

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ