イチゴ鼻や毛穴の黒ずみ・角栓詰まりをケアする5つの方法

wash

イチゴ鼻をケアするのなら、まずは毛穴の黒ずみや角栓をケアしましょう。

そもそも毛穴の黒ずみや角栓は、日頃のケア不足によるものなので、お手入れをしっかり行えば防げますよ。

では、毛穴が目立たないつるつるのキメ細かい肌を目指すには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク



毛穴ケアは、基本的生活習慣、スキンケアとクレンジングが大切。
まず毛穴の開きをケアするためには、睡眠をしっかりとってビタミンA・Eを豊富に含む食品をとりましょう。
またスキンケアでは、毛穴の酸化を防げるようしっかり皮脂や汚れを落として、うるおいを保てるゲルやバームタイプのクレンジングがベストですよ。

1.睡眠は毛穴ケアの基本。しっかり眠ってターンオーバーを促進しよう

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりをさし、睡眠をしっかりとることで促進されます。
洗顔や基礎スキンケアに気をつかっていても、睡眠不足では毛穴も開きっぱなしになりかねません。
個々にベストな睡眠時間は違ってきますが、ぐっすりと眠るようにしましょう。

2.毛穴の開きにはビタミンAとビタミンEを含む食品を摂ろう

毛穴の開きには、ビタミンAとビタミンEが効果的です。
うなぎ、レバー、かぼちゃ、ほうれんそう、にんじん、ナッツなどを積極的に摂りましょう。
ビタミンEの中のひとつであるトコトリエノールは血流をよくするので、ターンオーバーを促したり、肌の表面の酸化を防いだりするので毛穴ケアに最適ですよ。

3.毛穴を開いてからクレンジングや洗顔を行おう

まずは、クレンジングや洗顔を行う前に、毛穴を開かせてから行うと効果的です。
蒸しタオルを顔に乗せて数秒…毛穴が開いたところでお手入れすれば、毛穴に詰まった皮脂や角栓、汚れをしっかり取り除いて黒ずみを防げます。

蒸しタオルは、タオルを濡らしてラップにくるみ電子レンジでチンすればできあがります。
しかし、準備が面倒という方もいるでしょう。
そこで役立つのが温感クレンジングです。
穏やかに温めて、毛穴をやさしく開いてからクレンジングを行うので、メイクや汚れをしっかり落として毛穴汚れを落とせますよ。

4.クレンジングオイルはダメ!毛穴を黒くします

そもそも毛穴の黒ずみの正体は、毛穴に詰まった皮脂や角栓が酸化してしまったものです。
そこへ毎日クレンジングオイルを使い続けてしまうと、毛穴に詰まった皮脂や角栓を酸化させてしまい、毛穴が黒く見えてしまいます。

ゲルやバームタイプなら、手のひらでしっかり温めればマイルドなテクスチャになって毛穴に入り込みます。
すると、皮脂や角栓としっかりなじんでやさしく黒ずみを取り除きますよ。
オイルは、空気と触れてしまうと酸化する性質をもっているので避けたいですね。

5.スキンケアは基本的に保湿重視で!

毛穴ケアには保湿も大切です。
肌が乾燥してしまうと、なんとかしてうるおそうと過剰な皮脂が分泌されてしまい、毛穴に皮脂が入り込んでしまって黒ずみを起こしてしまいます。
また、乾燥によって毛穴が硬くなってしまうと、毛穴つまりを起こしやすくなってしまいます。

肌の乾燥の原因の多くは、クレンジングや洗顔です。
オイルクレンジングを避けて、やさしく洗い上げるゲルやバームタイプを使いましょう。
また、洗顔不要のクレンジングを使ってもいいですよ。
メイクや汚れを落としつつ、肌のうるおいを保つので毛穴ケアに役立ちますよ。

いかがでしたでしょうか?
ゲルタイプやバームタイプのクレンジングは、様々なメーカーから出ています。
毛穴ケアに最適なクレンジングは、以下のランキングをご参照くださいね。

>>イチゴ鼻や角栓・黒ずみ対策に!毛穴ケアクレンジングランキング

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きますように!

スポンサーリンク


関連記事

このページの先頭へ